スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日はおじいちゃんの命日

2009/01/15 (木)  カテゴリー/未分類

まだ1月に入って半月しか経ってないと思うと変な感じ。
もう3か月くらい経った気分です。


1/15はおじいちゃんの命日です。


6年前になるんですかね。

ちょうど「空の名前」という作品の稽古中。
作品の中で「風花」っていうのが出てくるんだけど、
(風花:晴天時に風に舞う雪のこと)
おじいちゃんのルーツを辿るドライブ中に、突如風花が発生して、
まるでおじいちゃんが見せてくれているような、
そんな気がしたのを覚えてます。
すごく鮮明に。



最後におじいちゃんに会ったのは、1/13。
大学生になったばかりで全然会いに行けなくて、
ようやく時間ができて会いに行けたのがこの日でした。
まさか、その2日後に亡くなるなんてこれっぽっちも予想しておらず、
それをおばあちゃんに話したら、
「あさちゃんに会えるのを待ってたんだね」
と言われ、号泣した記憶があります。
思い返せばきりがないけれど、
本当に会いに行けてよかった。
13日に行けてなかったら、きっと未だに後悔してたと思う。



近い人であればあるほど、
照れくさかったり、当たり前になっていたり、
「別れ」とかそんなに考えないけど、
毎年この時期には、こんなことをふと考えたりします。
その意味でも、おじいちゃんは本当に偉大だ。
おじいちゃんは今どこでなにやってんのかなぁ~。





スポンサーサイト

この記事へのコメント

人のもつ《縁》はとても不思議なもの。

お祖父さまの想いと千田さんの想いが、きっとどこかで繋がったのでしょうね。

寒い時期は別れを連想させますが、例え離れてしまっても私達にはその人を思いやる心がある。
これは人間の持っている美しい一面だと私は感じます。

こばあつ | URL | 2009/01/17 (土) 08:55

こばあつさま

コメントいつもありがとうございます。

祖父のことは本当に鮮明に覚えてるんですよね。
私は親戚の中では一番末なので、
実際の交流自体そんなに多くなかったのですが、
うん、それだけインパクト強かったんでしょうね。

これから先どんどん離れる人が増えていったとしても、
そういった気持ちはずっと持ち続けたいです。

あちゃ | URL | 2009/01/27 (火) 01:53

コメントを書く

装飾
 
※非公開コメント投稿不可
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。